手帳を開きましょう。

手帳を開く

いわゆるログアウトの状態になさいます場合は、こちらのボタンをお使いくださいませ。

私たち使用人のお仕えが不要になりましたら、こちらから、ご退会をください。なお「主の目録」から「主の手帳」への差し替えは、お問い合わせのフォームから承っております。

10年かけて、愛知県名古屋市に、お嬢様、旦那様の「館」をご用意しました。

私たち執事の館・実行委員会は、「名古屋の本宅(飲食業ほか)」のお仕え、「お申し付けの品(通販業)」のお届けを通じて、驚きをもって喜ばれたいと存じます。

広報係・松原

新規のご記帳(会員登録)は受け付けておりません。

まことに恐れ入ります。2024年2月17日の土曜日、長らく中断していたご記帳(無料での会員登録)を再開しましたところ、多くの主(あるじ=お客様)からのご記帳を賜りました。ありがとうございました。一同嬉しく、光栄に存じますが、私たちが古くからお仕えしている主(あるじ)へのお仕えを大切にするため、2024年2月28日(水)をもって、ふたたび中断いたしました。混乱を招かぬよう、大きく予告せずにしたことをお許しください。また当面のあいだ、ご記帳をいただけない状況が続きますが、再開の見通しについては、執事の館・実行委員会の Twitter / X、ならびに、このホームページにて、つどご報告、ご案内いたします。〈なお、【主の手帳】をお持ちの方が、ご帰宅の予告をなさったあと、同伴者として手帳のない別の方をお誘いになったとき」に【仮の手帳】をご用意します。ここから【主の手帳】などに差し替え(アップグレード)が可能です。〉

これからご記帳を望まれるお嬢様、旦那様のために。

執事の館・実行委員会は、2024年4月8日より「主の手帳」の再開を待たれるお嬢様、旦那様のためのフォームをご用意しました。ここにお名前と、連絡先としてのメールアドレスをご記入いただきましたら、私たち使用人が、その時まで大切に保管いたします。現時点では確約しかねますが、いつか「主の手帳」のご記帳を再開させていただくことになったとき、この連絡先にお声がけをいたします。その日までお待ちいただけたら、まことに幸いです。

3分でわかる「執事の館(しつじのやかた)」。

いま「執事の館」と呼ばれますのは、私たちが組織する「執事の館・実行委員会」のことか、のちほどご紹介する「名古屋の本宅」のこと。「ビルのテナントではなく、本当の家でする」、「注文や会計という概念をなくす」、そして「お嬢様、旦那様のお人柄やお言葉を記録に残す」という発想をもとに取り組み始めました。ただ今日に至るまで、まことに沢山のことがありましたので、ここでは本当に、本当にかんたんな経緯のみを記載します。「沿革」に掲載した、これまでの歩みは膨大ですので、お気持ちに余裕があるときにご覧ください。

  • 2012年7月執事の館・"準備"委員会を結成しました。
  • 2013年3月…主のご支持に感謝して、バラの花をご用意。「お申し付けの品(通販事業)」の始まりに。
  • 2014年2月…株式会社九十として法人登記しました。
  • 2014年5月「名古屋の仮住まい(飲食業:名古屋市中区)」を開館いたしました。
  • 2022年3月「名古屋の仮住まい(飲食業:名古屋市中区)」を幻としました。(解体いたしました。)
  • 2022年8月…「名古屋の拠点(名古屋市中川区)」を構築し、厨房と倉庫、配送室を置きました。
  • 2023年5月「名古屋の本宅(飲食業ほか多数を実現:名古屋市某所)」を開館しました。
  • 2023年5月執事の館・"準備"委員会から、執事の館・"実行"委員会に名称を改めました。

「名古屋の本宅」をご紹介します。

執事の館・実行委員会が 2012 年に構想した「お屋敷」は、仮住まいの次にできる「本宅」として、主(あるじ)と使用人たちの夢でございました。これを、10年以上の年月を重ねて、愛知県名古屋市に実現いたしました。ここでは、まず「名古屋の本宅」の基本的な情報をお伝えします。飲食店営業許可を取得しておりますが、お料理、お菓子、お飲み物に限らず、「お家でできることのすべて(浴槽を用いたご入浴以外)」が叶う、という場所です。分かりやすく申し上げますと、「店」ではなく「家」でございます。もしご興味があれば、「名古屋の本宅」のページで、詳しくご説明をさせていただきます。

  • 営業(お仕え)している日:「名古屋の本宅」は、金曜、土曜、日曜、月曜、火曜、日ごと4つの時間帯でお仕えしております。
  • 同時にお仕えするお客様(主)の数:「名古屋の本宅」は、事実上の「貸し切り」でございます。ご帰宅をなさったとき「ほかの主」のような人はいらっしゃいません。
  • 「名古屋の本宅」がある場所(所在地):「名古屋の本宅」の所在地は公開しておりません。(「主の手帳」を所持、つまり会員登録をなさっているお嬢様、旦那様にもお伝えしておりません。)ご予告(ご予約)をいただけた段階で、お伝えさせていただきます。名古屋駅から公共交通機関、徒歩を合わせて30分ほどの距離とお考えくださいませ。
  • 「名古屋の本宅」のお代金(お給金):「名古屋の本宅」のお給金(お代金)は、おひとり2時間、17,771円(税別)です。飲食、試着、ほかお寛ぎにかかる費用すべてが含まれます。ただ初めのうちは、お食事を沢山なさってお出かけ、という流れが多いようです。
  • ご予約をしていただける方:「名古屋の本宅」のご予告(ご予約)は「主の目録(もくろく)」ならびに「主の手帳(てちょう)」をお持ちの(会員登録をしてくださっている)お嬢様、旦那様に限ります。お持ちでない場合は、身近に「手帳」をお持ちの方をお探しになるか、ときおり Twitter と呼ばれていた世界で、お優しい主(あるじ)が「 #ご一緒なさいませんか 」というハッシュタグを添え、同行者を募られるのをお待ちください。
  • ご予約いただける日と期間:「名古屋の本宅」のご予告(ご予約)をいただける日は「お便り(メールマガジン)」でお伝えします。最近は月末の土曜日か、月曜日です。その翌月の後半から、翌々月の前半までの4週間ぶんをご覧いただけます。開始から30分ほどで満了しますが、いずれ落ち着くかと存じます。よろしくお願いいたします。

7つの項目。

執事の館・実行委員会のホームページをご覧くださいまして、誠にありがとうございます。私たち2024年3月に、これまでのあゆみを振り返り、ホームページに掲載する文章を増やしました。そのため「ぜひご覧ください」と簡単には申し上げられないほどの情報量でございます。ブックマーク、スクリーンショット、お手元のメモなどを活用しながら、読み進めていただけますと幸いです。

事業の概要

そもそも【執事の館・実行委員会】とは何か。その実態は、東海地方の中小企業、個人事業主の集合体です。

「事業の概要」を見る

沿革

執事の館・実行委員会の12年の出来事を箇条書きにします。この読了には半日ほどを要すると言われます。

「沿革」を見る

手帳と目録

【主の手帳】は、いわゆる会員登録の仕組み。私たちはこの存在によって、より良い給仕を実現いたします。

「手帳と目録」を見る

名古屋の本宅

お嬢様、旦那様のお力添えによって、2023年5月に開館を迎えました【名古屋の本宅】の給仕について。

「名古屋の本宅」を見る

お申し付けの品

愛知、岐阜、三重の東海3県に職人さんとご縁をつなぎ、お嬢様、旦那様のためにお届けする次第にございます。

「お申し付けの品」を見る

求人情報

私たち執事の館・実行委員会は、お嬢様、旦那様にお仕えする使用人を求めております。

「求人情報」を見る

お問い合わせ

執事の館・準備委員会にお尋ねごとがございましたら、こちらからお寄せくださいませ。

「お問い合わせ」を見る

お申し付けの品

現在、執事の館・実行委員会がお届けを予定している「お申し付けの品」のうち、5件を表示しております。これらのお申し付け(注文)には、「主の手帳」もしくは「仮の手帳」を要しますことをご了承ください。(「お申し付けの品」は、月に1度、およそ1週間ほどのあいだにご用命を賜ることとなっていて、それ以外の期間にはご用意がございません。)

イメージ お品の概要 アクション
BH213-14
愛知県名古屋市のみかん大福 6月17日(月)発送分
BH034-LK-30
愛知県名古屋市のフレグランス【ラベンダー&ベチバー】 6月18日(火)発送分
BH020-H-T-58
愛知県岡崎市のほうじ茶【ティーバッグ】 6月20日(木)発送分
BH020-H-93
愛知県岡崎市のほうじ茶【茶葉】 6月20日(木)発送分
BH560-10
愛知県名古屋市のカフェオレ大福 6月21日(金)発送分

「お申し付けの品」の背景

私たち執事の館・実行委員会が「お申し付けの品」に取り組むようになった経緯、これまでにご用意差し上げましたお品の一覧は、こちらをご覧くださいませ。

「お申し付けの品」の一覧

もし「主の手帳」や「仮の手帳」をお持ちでいらっしゃいましたら、こちらのページに一覧をご用意しております。お嬢様、旦那様のお役に立てれば幸いです。

「主の手帳」と「仮の手帳」、そして「主の目録」がございます。

私たち執事の館・実行委員会が提供いたします「名古屋の本宅」の給仕には、「主の手帳」をお持ちいただく必要がございます。これは所謂、会員登録のようなものとお考えいただければ幸いです。(なお、「お申し付けの品」のお届けは、どちらの手帳からもご用命を賜れます。)

2024年2月より「主の手帳」と「仮の手帳」は新規の発行を再開しましたが、多くの主(あるじ)からのご記帳を賜りまして、2024年2月28日をもって、ふたたび中止いたしました。どうしてもお役に立ちたい私たちは、「主の手帳」の記帳が再開されるのをお待ちになるお嬢様、旦那様のためにフォームをご用意しました。ここにご自身のお名前と、連絡先としてのメールアドレスをご記入いただきましたら、私たち使用人がその時まで大切に保管します。現時点では確約しかねますが、いつか「主の手帳」のご記帳を再開させていただくことになったとき、この連絡先にお声がけをいたします。

お待ちくださいますか?
https://forms.gle/1ZkC7XUyQEFqSUFy8

仮の手帳

費用はいただきません。

  • お品の申し付け(通販)
  • お手紙のお届け(メール)
  • お誕生日のお祝い(メール)

主の手帳

費用は初回のみ 1,777 円(税別)です。

  • ご帰宅(ご来店)の予告
  • お品の申し付け(通販)
  • お手紙のお届け(メール)
  • お誕生日のお祝い(メール)

主の目録

費用は初回に 14,990 円(税別)
月のお給金は 990 円(税別)です。

  • ご予告の先回り(20分)
  • 申し付けの先回り(20分)
  • お手紙のお届け(メール)
  • お誕生日のお祝い(メール)
  • とくべつなお便り(メール)
  • 金貨(約1,000円のクーポン)
  • 予期せぬ贈り物